解決事例

事例のご紹介

会社倒産で収入減、住宅ローンが払えない 東京都世田谷区

東京都世田谷区在住 Oさん 48歳 会社員(現在無職)

妻Sさん 子供2人   住宅ローン残債4800万円

ご相談の内容

結婚後子供も2人産まれたのを機会に世田谷区に4LDKの新築分譲マンションを購入しました。中古か新築か随分悩みまいたが、思い切って新築マンションにしました。もっとも月々の住宅ローンの支払いは、夫婦共働きでしたので私の収入と妻の収入を合わせれば支払いの心配はありませんでした。

しかし勤務先の突然の倒産で転職活動をスタートしなければならない状況になってしまいました。やっと転職先が見つかったものの職場環境に合わずあえなく離職することに、その後就職活動をするもなかなか就職先は見つからず貯金を食いつぶしての生活になってしまいました。

妻の収入だけでは住宅ローンを払って行くことは難しく、次第に住宅ローンの支払いが遅れ気味に・・・売却を考えていくつかの不動産会社に査定を頼みましたが、査定価格より住宅ローン残債が大幅に多く、オーバーローン状態ではとうてい売ることはできません。銀行のも相談に行きましたが、これ以上待つことは出来ないと言われてしまいました。

家族のこれからの生活もあります。どうしたらいいのでしょうか?

解決方法

銀行は返済のリスケジュールに応じてはいただけず、このまま滞納が続けば競売になってしまいます。生活を立て直すためのも、ご自宅のマンションは任意売却で少しでも残債務を減らし人生をやり直すことが大事だとお話しいたしました。

現状の住宅ローン残債と物件の市場価格を考えると、任意売却してもローン残債が残ることが考えられます。保証会社の承諾の元、販売活動を行うと買主はすぐに見つかりましたが、やはりローン残債が600万円残ることに、残債について債権者との話し合いを行い生活に支障がない金額での分割払いを承諾していただきました。

新居選びもお子様の学校の学区を考えて選びました。また賃貸住宅に引っ越したことで、新しい新居の家賃が今までの住宅ローンより大幅に安くなり、その分、金銭的にも生活が楽くになり精神的も楽になったとお話しされていました。

『いろいろと整理がついたことで、これから気持ち新たに頑張れる!ありがとうございました』とお言葉を頂きました。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

 

⇒倒産/事業失敗の記事一覧へ

  |  

ご相談はこちら

メニュー