解決事例

事例のご紹介

離婚による共有名義不動産の任意売却 東京都練馬区

東京都練馬区在住 Tさん 48歳 会社員

奥様 Sさん 子供1人 住宅ローン残債3500万円

ご相談の内容

Tさんがお勤めの会社は年々業績が悪くなり、大幅に給料が下がってしまいました。夫婦の間にも亀裂が入っていき、離婚を前提にご自宅の売却を考えられてました。TさんとSさんは、夫婦共働きで生活をされていたので、住宅ローンも連帯債務により夫婦共有名義で組まれてました。しかし、今のままで売却をすると債務が残ってしまうことになってしまいます。また、その他にも奥様は生活費をカードローンで300万円ほど借入れてました。このままでは、子供たちも普通の生活を与えてあげることができないので、何とか解決したいということでご相談に来られました。

解決方法

ご相談に来られた際には、離婚することは決めておられましたが、ご自宅をどうするかはまだ決めておられませんでした。今後、ご主人がお一人でローンを支払い続けることは出来ないということと、奥様が連帯債務者であることによるリスクや、今後のお支払いを考え、任意売却の後に自己破産をされることをおすすめすしました。当初、奥様は任意売却と自己破産による個人情報がキズ付くことに抵抗を示されてましたが、今後の子供たちのためにも、早く借金を整理して再スタートをされることを説明してご理解いただきました。任意売却も無事に済みましたが、残債も多く残り、その他の借金もあったので奥様は現在、自己破産を申請されてます。ご主人も、当初は残りの残債を支払い続ける覚悟でしたが、残債のあまりの多さと、借金を返し続けるよりも子供たちにお金を使ってあげたいということで、自己破産の道を選ばれました。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

 

⇒離婚/共有持分/連帯保証人の記事一覧へ

  |  

ご相談はこちら

メニュー