解決事例

事例のご紹介

離婚後の養育費と住宅ローンの支払いが困難になった 江東区

東京都江東区在住 Oさん 44歳 会社員

離婚後1人 住宅ローン残債2,000万円

ご相談の内容

会社員のO様は、離婚後の養育費の支払いを続けるために、収入アップを考え転職されました。しかし、転職先の新しい会社では残業代もほとんどもらえず、給料も以前の会社より大幅に減ってしまいました。養育費や住宅ローンの支払いを続けるために、カードローンや消費者金融など複数の借入を繰り返して返済を続けられてました。借入は膨らみ、ついには住宅ローンやその他のローンも滞納してしまうこととなってしまい、今後の返済の目処が立たず、どうしたら良いかわからないとのことでご相談に来られました。

解決方法

ご相談に来られた時点で、住宅ローン以外の借金もあり、滞納もかなりされている状況でした。その他に税金の滞納もしており、ご自身も借金の総額と返済状況が把握できない状況でした。取り急ぎ、ご自宅のマンションの売却準備と、差し押さえをされないように区役所の納税課にご本人と出向き、税金の分割によるお支払いを了承していただきました。ご自宅のマンションは無事、買主様が見つかり売却することができました。その際に、マンションの管理費・修繕積立金も滞納がありましたが、債権者の保証会社に負担していただきました。ご相談いただいてからすぐに弁護士を紹介したので、住宅ローンとそれ以外の支払いも全てSTOPしてもらいました。その分を、滞納している税金分に充てられたので完済の目処も立つことができました。残った残債の金額が余りにも大きかったので、弁護士と自己破産をすすめました。

ご相談者様は「返済の目処も立たず借金が日に日に膨れ上がり、毎日督促の手紙や電話が掛かってきて、仕事も手につかず正直限界でした。相談してから督促もなくなり、今後の養育費や生活をどう立て直すかが見えてきて少し気が楽になりました。」と仰ってくれました。ご相談されるのは勇気のいることかと思われますが、現状を変えて早く立て直すためにも一日でも早いご相談が問題解決への一番の近道です。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

 

⇒離婚/共有持分/連帯保証人の記事一覧へ

  |  

ご相談はこちら

メニュー