先取特権

先取特権(さきどりとっけん)

先取特権とは、法律で定められた特殊な債権について、債務者の財産又は特定の動産・不動産から優先鉄器に弁済を受けることのできる権利をいいます。(民法303条)

1.不動産の保存に関する先取特権(民法326条)

不動産の保存に関する先取特権は、不動産の保存のために要した費用、不動産の権利の保存、承認、実行のために要した費用に関し、その不動産について存在します。

2.不動産の工事に関する先取特権(民法327条)

不動産の工事に関する先取特権は、工事の設計、施工、または管理をする者が債務者の不動産に関してした工事費用に関し、その不動産について存在します。工事によってした不動産の価格の増加が現存する場合に限り、その増加分についてのみ存在し、工事前に登記をしなければいけません。新築工事の場合は予算額を記載事項とします。

3.不動産の売買に関する先取特権(民法328条)

不動産の売買に関する先取特権は、不動産の代価及びその利息に関し、その不動産に存在します。

 

 

債権 債権者 債務者 債権譲渡 催告書 最高価買受申出人  債務 債務整理 債務超過

詐害行為 先取特権 錯誤 差押え 差押登記 残債(務) 残高証明書 残置物 質権 3点セット

債権回収会社(サービサー) 自己破産 次順位買受申出人  事件番号 住宅ローン 少額管財事件

信用情報機関 ステップローン 専属専任媒介 専任媒介 占有 占有権限 相続放棄 測量図

 

⇒任意売却専門用語辞典トップはこちらへ

ご相談はこちら

メニュー