解決事例

事例のご紹介

事業失敗による任意売却後の自己破産 東京都府中市

東京都府中市在住 Mさん 44歳 自営業

妻 子供2人 残債3,200万円 滞納税金300万円

ご相談の内容

脱サラにより、事業をご自分で始められたMさんですが、上手くいかず収入減により住宅ローンの滞納、生活費や事業資金の借り入れによる多重債務となり、税金の滞納で自宅は差押えられ、事業は失敗。連日の督促の電話などで普通の生活を送る事ができなくなってしまいました。何とか、家族で普通に生活が送れるようにしたいと当社へ解決策を求めてご相談に来られました。

解決方法

ご相談時に複数社からの借入があり、ご本人も現在の借入総額を把握できていない状況でした。税金の滞納も300万円程あったので早急に任意売却の手続きをして、市役所へも相談者と分納の交渉に入りました。住宅ローン以外の債権者には弁護士の先生から受任通知を送付してもらい、一旦督促の連絡などが来ないようにしてもらいました。販売開始後まもなくして近隣の方に購入して頂くことになりました。税金の滞納で差押えが付いていましたが、債権者の金融機関に税金滞納分の控除の折衝をして、なんとか税金も納付することができ、無事任意売却することができました。

売却後は自己破産手続きを弁護士に依頼して、督促などがなくなりご家族が健康的な生活を取り戻すことができました。Mさんは「せっかく事業を始めたのですが、なかなか上手くいかずそのうち色々なところから借金を繰り返し、家族にも迷惑を掛けてしまいました。事業失敗したと気づいたときには、最悪なことを考えたこともありましたが、電話相談させてもらい、その日のうちに相談員の方が自宅まで来て下さり、その時に『大丈夫です、何とか一緒に解決しましょう。』と心強く言っていただいたのが今でも忘れられません。役所との交渉や弁護士の紹介など最後までしっかりサポートしていただき現在は穏やかな生活を取り戻せました。」と仰っていただけてました。

今回のケースは事業失敗による借金で多重債務となり、高額な税金の滞納もあり、ご自宅も競売の手続きに入ってる状況でしたので、あまり時間がない中での相談でした。販売後はすぐにご近所の方から購入の意思を頂くことができ、税金の控除でも難しい点がありましたが何とか納付することが出来ました。個人事業主の場合、破産手続きは個人の破産手続きとして行われますが、事業者の面もあり、単なる個人の自己破産よりも複雑になります。また、自己破産後に事業を継続できるかなど、ご心配もあるでしょう。任意売却支援.comでは弁護士に協力いただき、ご相談から解決までワンストップで問題解決が可能です。債務問題に強く、任意売却に協力的な弁護士と、私共の任意売却の経験と知恵で、最善の解決方法を常に目指してまいります。借金や事業失敗は好ましい状況ではありませんが、決して人生の終わりではありません。いつでも、ご相談をお待ちしております。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

⇒倒産/事業失敗の記事一覧

  |  

ご相談はこちら

メニュー