解決事例

事例のご紹介

経営の悪化、自宅の競売を親族間売買で回避 神奈川県横浜市

神奈川県横浜市在住 Nさん 52歳 会社経営

奥様 ローン残債2,800万円 滞納税金400万円

 

ご相談の内容

Nさんが経営する会社は、景気の悪化の影響を受け、収入が減り、住宅ローンの支払いが厳しくなってきてしまいました。滞納することも増え、自身の手元に競売開始決定通知が届き、事の重大さに気づかれました。当初は、ご自宅近くの不動産屋にご相談され、そこで販売する方向で進んでおられましたが、競売開始決定通知の件が怖くなり聞いたところ、任意売却に詳しくない不動産業者だったため、改めて調べられ専門知識のある任意売却支援.comへご相談に来られました。

解決方法

当初は、任意売却で一般の購入希望者と売買契約を締結して販売することで話しは進んでおりましたが、長年住んだ家に愛着があった奥様の「どうにかしてこの家に住み続けられないか?」という申し出で、住み続ける方法の親族間売買へとシフトチェンジしました。親戚関係のお話しを伺い、奥様のお兄さんが収入面でも安定していたため、お兄さんを説得して、賃貸で借りて住むという話を提案しました。無事にローンを組み親族間売買での任意売却を進める事ができました。売買後、Nさんは事業があるので自己破産はせずに月々の支払いと、奥様のお兄さんへの家賃を毎月支払って生活しておられます。ご希望のあった愛着ある家に今も住まわれてます。

自宅が人の物になってしまうことを考えた時に、どうしても今の家に住み続けたくなられたようです。身内に迷惑が掛かってしまう可能性もありますが、快諾して、ローンを組んでくださったお兄さんにとても感謝をされてました。また、「自分たちの希望通りに進めて下さり、自宅を離れなくて済むことができました。相談員の方々の尽力に感謝します。」と仰っていただけました。

親族間売買は、現在の住まいに住み続けるための一つの手段です。金利や諸費用などは必要ですが、愛着ある住まいを守るためには、損得勘定抜きで考えなくてはなりません。突然の申し出に快諾されたご家族あっての今回のお話だと思います。どのご相談もそうですが、ご家族の協力があってこそ親族間売買が可能になります。また、今回は当初、任意売却の専門知識がない不動産会社に依頼してしまったことで競売に掛けられ、心理的な負担が大きくなってしまいました。任意売却支援.comは他の不動産会社からも相談をいただきます。任意売却を取り扱ったことのない会社では、知識が無く放置されたり、知識が無いことすらわからず競売に進んでしまうなどの状況にもなりかねません。任意売却は、どこに依頼するかで結果が大きく変わってしまいます。当社を信頼してご相談ください。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

⇒倒産/事業失敗の記事一覧

  |  

ご相談はこちら

メニュー