解決事例

事例のご紹介

任意売却で管理費の滞納も全額弁済 東京都江戸川区

東京都江戸川区在住 Oさん 67歳 無職

妻 ローン残債1,600万円

 

ご相談の内容

東京都江戸川区にお住いのOさんご夫妻は、平成10年にマンションを購入しました。定年退職後、お二人で年間220万円ほど年金を受給されていましたが、数年前に奥様が病気で倒れ、半身不随となり、ご主人が介護していたようです。心労も重なり、貯金を崩して払っていた住宅ローンが滞るようになり、当社へご相談にこられました。

解決方法

最初は奥様の事もあり、売却せずになんとか住んでいきたいとのご意思でお話されていましたが、このまま時間だけ過ぎれば競売へ移行してしまうとお話させていただき、競売になるよりは自分たちの意思で売却したいということでご夫婦ともにご納得された上で販売を開始しました。販売開始後は、お部屋の片付けも進んでしていただき、2ヶ月目にして買い手を見つけることが出来ました。その後、債権者による管理費などの滞納全額を弁済へ充てる保証もいただき、無事決済を終えました。Oさんは、元のお住いよりも利便性の良い賃貸への引越しも、無事終えることができました。Oさんからは「夫婦共々、感謝の気持ちを何度申し上げても足りない程お世話になりました。何度もご足労いただき、役所への手続きまで同行くださった時は本当にありがたく思いました。今では、毎月の返済負担も軽くなり自分たちの年金でも生活していくだけの余力が出てきました。」と仰られておりました。Oさんご夫妻は、元々転勤族だったために住宅購入が遅れてしまったそうです。退職金も満足に出ず、定年後は奥様も倒れられて、奥様を介護をするようになるまで、一人働いていらっしゃったそうで、住宅ローンの支払いと残債務に不安を抱きながらも返済を続けていたとの事です。今後の返済に不安を感じた方は、なるべく早い段階での判断と決断が大事になってきます。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

 

⇒定年退職/老後破産の記事一覧へ

  |  

ご相談はこちら

メニュー