解決事例

事例のご紹介

養育費代わりの住宅ローンを元夫が滞納 東京都葛飾区

東京都葛飾区在住 Oさん 37歳 会社員

離婚後 子供1人 住宅ローン残債2,300万円

ご相談の内容

以前勤めていた会社で出会ったお相手と結婚されたOさん。子供が生まれたのを機に中古のマンションをご主人と購入されました。しかし、ご主人の浮気により離婚。離婚調停により、マンションにはそのままOさんとお子様が住み続け、住宅ローンを元夫が支払う約束をしました。その後、3年ほどは住宅ローンの支払いは問題なく行われておりましたが、元夫が住宅ローンを滞納。Oさんの元には何の前触れもなく、住宅ローンの一括返済を迫る「代位弁済通知」が届くことになります。元夫に確認したところ、仕事がリストラになり収入が無くなってしまったということでした。

解決方法

Oさんからご相談いただいた際には、「元夫とは話し合いにはならない」ということでしたので、私たちがOさんと元夫の間に入ることにして、状況を確認しました。その結果、元夫は現在失業しており、住宅ローンの返済ができる状況にはありませんでした。代位弁済がされている現在の状況では、一括返済か競売か任意売却しかない旨を説明しました。

一括返済は出来ず、競売は回避したいということでしたので、任意売却をして残った残債を元夫が支払っていくことで合意しました。ほぼ相場の価格で買い手が見つかり、決済に至ったので残債を減らすことができました。合わせて引越し代として30万円を債権者から得ることができました。残った残債は、現在の元夫が支払っていける範囲として毎月5,000円ずつの支払いをすることになりました。引越し先のアパートも以前と変わらない場所で見つけることができ、友人や子供には「住宅ローンを元夫に払い続けてもらうのも悪いから賃貸マンションに引越した」と説明されたそうです。

Oさんは、最初はパニックになりどうすれば良いかわからない状態であちこちに相談されたようです。私どもにもご相談いただき、すぐに応対してお願いしていただきました。「元夫との間に入ってくれたことで話がまとまり、任意売却をすることを決めてからは驚くほど早く問題を解決してくれて、新しい引越し先も見つけて下さり、親子でまたいままで通り過ごすことができます。」と仰っていただけました。任意売却できる時間は限られています。競売になり、引越し先も何も決まっていないような最悪な状況にならずにすんで良かったです。どんなことでも、ご相談ください。

 

⇒解決事例TOPカテゴリー一覧へ

 

⇒離婚/共有持分/連帯保証人の記事一覧へ

  |  

ご相談はこちら

メニュー