個人再生

個人再生(こじんさいせい)

個人再生とは債務整理の一つで、裁判手続きによって法律的に債務を大幅に減額したり、長期の分割払いにすることにより、個人の経済的更生を図ることができる制度です。(通常申し立てから債務の支払い開始まで4~6ヶ月掛かります。)

具体的には、債務を5分の1程度(借金が3,000万円以上の場合は10分の1)にまで減らすことが可能な場合があります。

また減額した債務を3年から5年の長期分割払いにすることができます。さらに、住宅ローンの残ってる自宅を処分せずに債務を整理することができる「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」という制度があります。

但し住宅ローンの減額はできませんので、住宅ローン以外の債務の圧縮ということになります。

また債権者との協議が必要になります。

とても有益な効果がある反面、適用条件は自己破産よりも厳しくなっており、以下の2つの適用条件が有ります。

  • 住宅ローン以外の債務が5,000万円以下
  • 将来において継続的に収入が見込める者か、給与などを定期的にもらう見込みのある者

特に、自宅を手離さず住み続けることができる「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」は、適用条件が厳しく利用できる場合がかなり限られています。

連帯保証人がいる場合は、連帯保証人に債務の請求がされることとなり、連帯保証人に迷惑が掛かります。

また、事故情報として個人信用機関に登録されるため、5~10年は新たなキャッシングやクレジットなどのカード契約ができなくなり、金融機関からの借り入れは難しくなります。

 

 

 

買受可能価額  買受人  開札期日  買戻し特約  瑕疵担保責任  借入  仮差押え

強制競売   強制執行  元金均等返済  管財事件  元利均等返済  期間入札 

期限の利益喪失  求償権  個人再生  共同担保   金銭消費貸借契約  競売  

競売開始決定通知  競売期間入札通知  競売市場修正  競落  現況調査  公図  

公正証書  

 

⇒任意売却専門用語辞典トップはこちらへ

ご相談はこちら

メニュー